Es wird kein Kindle Gerät benötigt. Laden Sie eine der kostenlosen Kindle Apps herunter und beginnen Sie, Kindle-Bücher auf Ihrem Smartphone, Tablet und Computer zu lesen.

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

Geben Sie Ihre Mobiltelefonnummer ein, um die kostenfreie App zu beziehen.

Kindle-Preis: EUR 0,99
inkl. MwSt.

Diese Aktionen werden auf diesen Artikel angewendet:

Einige Angebote können miteinander kombiniert werden, andere nicht. Für mehr Details lesen Sie bitte die Nutzungsbedingungen der jeweiligen Promotion.

An Ihren Kindle oder ein anderes Gerät senden

An Ihren Kindle oder ein anderes Gerät senden

Facebook Twitter Pinterest <Einbetten>
The founding of the United Nations (Japanese Edition) von [Masahiro Yamazaki]
Anzeige für Kindle-App

The founding of the United Nations (Japanese Edition) Kindle Edition


Alle Formate und Ausgaben anzeigen Andere Formate und Ausgaben ausblenden
Preis
Neu ab Gebraucht ab
Kindle Edition
EUR 0,99

Storyteller Bestseller bis zu 50% reduziert
Entdecken Sie hier Top-eBooks bis zu 50% reduziert.

Produktbeschreibungen

Kurzbeschreibung

一般的な日本人の常識では、自国が関わった先の戦争(太平洋戦争または大東亜戦争)の「終戦」は1945年8月15日(日本政府が前日にポツダム宣言を受諾したことを、天皇がラジオを通じて国民に公示した日)であり、この日を境に「戦後」と呼ばれる時代が始まったと理解されている。

しかし、第二次世界大戦の戦勝国となるアメリカやソ連、イギリス、フランス、中国(中華民国)の首脳たちは、日本政府が白旗を掲げる一年以上も前から、枢軸国(ドイツ、日本およびファシスト体制下のイタリア)の敗北を前提とした「戦後」の世界秩序をどのように構築するかという議題で、活発に国際会議を重ねていた。そして、日本政府が降伏を決意するより50日前の1945年6月26日には、戦後世界における国際関係の基軸となる国際機構「国連(国際連合)」の綱領となる「国連憲章」が、大小併せて50か国もの国々の政府代表者による協議を経て、サンフランシスコで採択されていた。

つまり、日本政府と国民が忸怩たる思いで「終戦」を迎えた時には、地球上の大半を占める国々は既に「戦後」体制を構築する大事業に参加し、活動を開始していたことになる。この、政治的にきわめて重要な意味を持つ「国連」の創設に際し、中心的な役割を果たしたのは、第二次大戦勃発当時の米大統領フランクリン・ローズヴェルトだった。日本語では慣例的に「国連(国際連合)」と訳されている組織名の“The United Nations”も、ローズヴェルトの発案に基づくものだったが、これは第二次大戦中の「連合国(=反枢軸国)」を表す用語の流用(詳細は本文中で記述)であり、同じ漢字文化圏である中国でも「聯合国」との表記がなされている(ただし、原語の語意を正確には反映していないが、本書では読者の混乱を避けるため、慣例通り「国連」と表記する)。

それでは、ローズヴェルト大統領はいかなる現状認識と政治理念に基づいて、この国際機構の創設を各国に働きかけたのか。「国連」とは、何を目的として設立された組織なのか。そして、アメリカ以外の各国政府首脳は、どのような思惑を抱いて、ローズヴェルトの「国連」創設への努力に同調したのだろうか。

本書は、第二次世界大戦の最中に連合国側で進められた、国連の発案から創設に至る政治的経緯を、コンパクトにまとめた記事です。2007年7月、学研パブリッシングの雑誌『歴史群像』第84号(2007年8月号)の記事として、B5判12ページで発表されました。また、今回の電子版刊行に際し、関連する主題を扱う記事「東西冷戦の構図と戦後日本」(ムック『決定版 太平洋戦争』第10巻に掲載)を同時収録しています。

第二次世界大戦後の世界秩序「連合国体制」と、その体制に入った大きな亀裂とも言うべき「東西冷戦」の形成、そして敗戦国日本がどのようにして講和条約と日米安保条約を締結し、戦後の「連合国体制」と「東西冷戦」の構図に組み込まれていったのかを概観できる内容構成となっています。

《目次(見出しリスト)》

終戦を待たずに作られた「戦後世界の枠組み」

《ローズヴェルトの理想と現実》
「世界の警察官」構想
参戦前から「戦後」を見据えていた米政府

《三大国首脳の会談と駆け引き》
チャーチルとスターリンの意向
中国の参加とカイロ会談
テヘランで議論された国際機構構想

《見え始めた連合国側の勝利》
ローズヴェルトの議会工作
ダンバートン・オークスで築かれた土台
ヤルタ会談とフランスの登場

《国際連合の誕生》
何ら為す術のない日本政府
国連憲章の採択とローズヴェルトの死
国連創設の理想と現実

《コラム記事》
スターリンと国連
チャーチルと国連
トルーマンと国連
ド=ゴールと国連
蒋介石と国連

【付録記事】
東西冷戦の構図と戦後日本

《第二次世界大戦から東西冷戦の時代へ》
米ソの戦勝二大国と冷戦の始まり
アジアにおける東西冷戦の構図
蒋介石の敗北と毛沢東の勝利
ソ連と中国の間に成立した「役割分担」の合意

《冷戦構造に組み込まれた日本》
アメリカの極東における戦略的防衛構想
対日講和の成立と日本の再武装
今なお続く冷戦時代の日米関係

Produktinformation

  • Format: Kindle Edition
  • Dateigröße: 2078 KB
  • Seitenzahl der Print-Ausgabe: 46 Seiten
  • Verlag: Six Angles Publishing; Auflage: 1-1 (1. Juli 2013)
  • Verkauf durch: Amazon Media EU S.à r.l.
  • Sprache: Japanisch
  • ASIN: B00DQSQ6CE
  • X-Ray:
  • Word Wise: Nicht aktiviert
  • Verbesserter Schriftsatz: Aktiviert
  • Durchschnittliche Kundenbewertung: Schreiben Sie die erste Bewertung

  •  Ist der Verkauf dieses Produkts für Sie nicht akzeptabel?

Kundenrezensionen

Noch keine Kundenrezensionen vorhanden.
Sagen Sie Ihre Meinung zu diesem Artikel
click to open popover

Wo ist meine Bestellung?

Versand & Rücknahme

Brauchen Sie Hilfe?